post

不幸にも交通事故に遭ってしまったとき。
「相手の保険会社が示談金を少ししか支払ってくれない。」
そんなお悩みをお持ちの方もいると思います。


示談金が安い理由

損害賠償額の算定には,次の3種類の基準が存在します。

  1. 自賠責保険基準
  2. 任意保険基準
  3. 裁判で認められる基準

1.自賠責保険基準は,自賠法に支払い基準が明示されているのですが,裁判で認められる基準に比べて相当低い基準になっています。
2.任意保険基準は,相手の保険会社がみなさんのような被害者に対して提示する基準ですが,保険会社が営利追求をしている企業であることから,裁判で認められる正当な金額よりも低い基準になっています。
他方,3.裁判で認められる基準は,過去の裁判例に照らして,裁判所が妥当と考える損害賠償金額を類型化した基準になっています。
裁判所は公平で中立な国家機関ですから,3.裁判で認められる基準が,法律上の正当な金額であるといえます。


弁護士が介入した場合

交通事故の被害に遭ってしまった場合,しっかりと損害を補填することが,今後の生活の立て直しには欠かせません。
ところが,保険会社は,任意保険基準が正当な金額であるかのように主張します。
保険会社は交渉のプロですから,交渉に不慣れな被害者側は,説得されてしまうこともあります。
とはいえ,保険会社も3.裁判で認められる基準については認識しているので,弁護士が介入するだけで,保険金額を3.裁判で認められる基準まで上げることもあります。
また,最近は,みなさんが加入している保険で,弁護士費用まで保障されている場合もあります。
安易に示談に応じる前に,まずは弁護士にご相談ください。


少しでも気になることがありましたら,今すぐお気軽にご相談ください。

    • ご予約していただければ,24時間,365日いつでも相談OK!
    • すべての法律相談が初回相談料30分無料!

電 話:050-5577-1700
電話受付時間 火~土 午前10時~午後6時
ネット予約は 24時間 365日対応!


お名前 (必須ですが仮名でもOK)

ご連絡先電話番号(携帯電話を推奨)(必須)

メールアドレス (必須)

題名

ご相談内容
 借金問題  離婚問題  親権問題  交通事故  相続問題  不動産トラブル  その他 

メッセージ本文(必須)